特許調査・商標調査

事前の調査で無駄な時間や費用を省く

特許(patent)とは、新技術の発明に関する発明者又は特許出願人に対し、国によって認められる一定期間の独占的排他権であり、 日本国内では特許法第68条に於いて「特許権者は、業として特許発明の実施をする権利を専有する」と規定されています。
一般的には、新規で有用な技術を公開した発明者または特許出願人に対し、 その公開の代償として一定期間その発明を独占的に使用できる権利を付与する制度の事を指しています。
その権利を特許権といい、知的財産権のひとつとして挙げられています。

特許権は、自分で特許発明を実施したり他人に貸(特許発明の実施許諾)してライセンス料を徴収できる積極的権利と、 他人が無断で特許発明を実施する行為を排除し、差止め・損害賠償などを行使できる消極的権利から成り、土地等と同様に物権的性質を有しています。
つまり、研究開発を行い特許申請を行ったとしても、当該発明が公知のものであるならば申請は却下されてしまいます。

仮に、自社開発によって新発明をしたとしても、他社が当該発明に関し既に特許取得を取得している場合は他社の特許権を侵害することになり、 使用料を支払わない限り使用の差し止めや損害賠償請求をされる恐れがあります。

新規性のない発明の特許申請を出願をするという事によって無駄な費用が嵩むだけでなく、これまでの研究成果が無駄になってしまいかねません。
そうならないためにも、申請予定の特許が既に取得されているものなのかどうかを調査する事は必要不可欠な作業なのです。

また、他社の技術情報を確認する事によって他社と同じ技術開発を避けることが出来る為、事業の展開を有利に行うことが可能になります。
同時に、最新の技術情報も入手できますので、有効活用する事で効率的な研究開発が行えます。

項目特許・商標調査基本料金
内容特許・商標調査一式
期間応相談
基本料金¥100,000〜