行動追尾調査

問題となる行動を把握し、真実を掴む

企業は人によって成り立っています。
各企業では、人材の有効活用の為の危機管理に苦心されていると思われます。
しかし、実際問題として役員・従業員による不祥事が多発しており、危機管理が有効に機能していないのが現状です。
それは定期的な状況把握のみで管理しようとしているからなのです。

確かに、不祥事が起こった際に原因を追究し再発防止に取り組むことも重要ですが、継続的な監視を行い、不祥事が起こる前にその芽を摘み取る事も重要です。

目的に合った最適な調査プランをご提案いたします。

実態を把握するために

社員、役員、取引先人物など特定人物の行動を調査し、結果は詳細報告書及び写真報告書にてご報告いたします。

営業員の勤務実態把握や役員や取引先人物の動向把握等、幅広くご活用いただけます。

現在の金融情勢や経済情勢の影響により債権回収に移行するケースも続出しております。

調査報告書は時刻や住所、状況の他、接触人物特徴、所見など詳しく記載し、写真報告書は時刻、撮影場所、状況など記載して、分かりやすく製作いたします。
また、当社の調査報告書は裁判資料として提出いただけます。

確実な証拠を押さえた後に「どうしたいのか」というご希望に応じてアドバイスもさせて頂きます。

張込

環境や状況に応じて使用車両車種や人員を選択し、実施いたします。

対象者への発覚はもちろん、周辺住民などからの警察への通報なども考慮した入念な準備・対策で、周辺環境に溶け込んだ自然なシチュエーションを作ります。

張込は対象者の行動を知る為の第一歩であり、様々な予測や臨機応変な対応が必要とされます。
そこからの分析が尾行を行う上での重要ポイントとなります。

尾行

不自然な尾行は対象者に発覚し、ありのままの行動調査を行えなくなります。
その場の状況や環境に最適な車両を使用し、人員選択、動員数も慎重に配備します。

尾行は行動調査の主となりありのままの行動を押さえるためには、調査員の豊富な経験や順応性・敏速な対応が、体力と様々な要素が必要不可欠となります。

項目コンパクトプラン
内容調査員2名/口頭報告
時間5時間以内
基本料金¥30,000

詳細内容
行動の概要の確認、出入りの確認、自宅の確認等を口頭報告にて実施いたします。
債権回収の為の予備調査、本格的な調査に入る前の事前調査等、お客様のアイデア一つで様々な場面でご活用戴けます。
報告は口頭または簡単なレポートでの報告となり、調査報告書、写真、ビデオ等の提出はありません。
報告書等がご入用の場合はライトプラン以上のメニューをお申し込み下さい。
また、細い道路に面した住宅街や高層マンション等、車両や特殊な調査機器を導入しなければ調査できないケースでは、 調査をお引き受けしかねる場合がございますので予めご了承願います。

項目ライトプラン
内容調査員2名
/撮影
/報告書なし
簡易報告書
時間5時間以内8時間パック延長1時間
基本
料金
¥55,000¥84,000¥12000

詳細内容
裁判用の資料とまではいかないまでも、行動の詳細を把握したい場合に最適なプランです。
ご報告は簡易報告書をメールに添付する形で報告いたします。
ご希望の際はオプションにて現地の建物や対象者の状況等の映像を添付いたします。

詳細内容
裁判資料としてもご活用いただける、基本的な調査プランです。
ご報告は対象者の行動の詳細や立寄り先、接触人等を調査報告書に記載してご報告いたします。
撮影した本人の行動の映像は写真報告書としてご依頼人様にわかり易い形でご報告いたします。
またオプションとして、ご要望に合わせて、写真・DVD等の形式でご報告も承っております。