企業信用調査

企業間の商取引に於ける信用調査の重要性

企業の目的は突き詰めて考えれば「永遠に存続・発展し続ける事」にあり、利益、延いては売上の確保はその前提条件であると言えます。
その前提条件をクリアする為には新規顧客の開拓が極めて重要になってきますが、新規であるがゆえに、取引に於ける信用実績がなく、 支払いに不安を覚える場面も多いと思われます。
実際に、与信管理を怠ったばかりに多くの損失を抱えてしまうケースも少なくありません。

逆に、長年に亘って信用取引を継続してきた取引先が、急に不渡りを出して倒産してしまう事も珍しくなくなっています。 
更には、架空取引や計画倒産、産業スパイなどの悪意を持って接触して来る企業が紛れ込んでいないとも限りません。

複雑化した現在のビジネスで生き残る為にはは一歩先ではなく、 二歩、三歩先を読んだ総合的なリスクヘッジが必要不可欠となっているのです。

弊社の企業調査メニューでは、企業の実態把握といった基本的な与信情報から売上・株主・取引先・銀行取引・将来性等、企業の信用情報、
代表者・役員・担当者の経歴、交友関係、資産、金銭トラブル、訴訟、風評等、個人の信用情報までお客様の細かいニーズに合わせて徹底サポート致します。

取引に不審な点を感じたら、是非弊社の企業調査メニューをご利用下さい。 
取引先への心配の種を取り除き、安全で安心な経営のお手伝いをさせて頂きます。 
調査という形のないサービスを、数値として実感して頂けると幸いです。

企業間取引のリスクを最小限にするために―リスクコントロールの必要性

経済情勢が不安定な今日、新規取引先をはじめ、既存取引先、関係会社などの間で企業間トラブルが続発する背景には、 アジェックスの蓄積されたデーターを参照した結果、リスクコントロールが不十分であった事が主な原因であるという事が明らかになっております。

リスクヘッジを講じたにも係わらず、トラブルに発展したケースも多々見受けられており、 以前に他の信用調査を実施した経験のあるお客様でトラブルに発展したケースは全体の55%を越えている事が明らかになっております。

現在の金融情勢や経済情勢の影響により債権回収に移行するケースも続出しております。

では、一体なぜ信用調査を実施したにも係わらず、トラブルに巻き込まれてしまうのでしょうか?

それは、単なるデータであったため、実態を把握するに至らなかった事が主な原因であったと考えております。

アジェックスのご提案する企業信用調査とは、予め取引や関係を締結する前に、 相手先企業の現状と経営内容の詳細・実態を明らかにする為に側面から十分に把握する調査を実施致します。

データに留まらず、個々に掘り下げたアジェックスレポートは、皆様のリスクコントロールの有益な方位盤として、 また戦略として即ご活用頂ける唯一のサービスであると自負しております。

項目企業信用調査
内容企業信用調査一式
期間14日営業日
基本料金¥140,000

詳細内容
・企業概要:商号、代表者、本店所在地、沿革等の基本情報
・役員・大株主:役員、株主に関する情報
・従業員・設備:従業員計画、設備投資に関する情報
・代表者:代表者の略歴、事業経験、経営方針等
・業績:直近数年間の売上、純利益等
・取引先:主な取扱品目及び同商品の仕入先、販売先
・銀行取引:主要取引銀行の残高、負債
・関連団体:グループ企業、子会社、加入業界団体等