債権回収調査

売掛金の焦付き・債権の支払いが遅れ始めたら

商取引に於いて代金の決済は現金だけでなく、売掛けや手形等の現金以外で支払われる事もあります。
期日までに正確に支払われていれば何の問題もありませんが、一度不渡りが起これば運転資金の確保という面に於いて非常に大きな痛手となってしまいます。
最悪の場合破産という事にもなりかねません。
企業信用調査を行い、リスク分析を行った上での信用取引であればまだ起こる確立は低くなるのでしょうが、 それでも100%起こらないという保証があるわけではありません。

破産宣告や夜逃げを起こされる前に速やかに債権の回収を行う事が肝要です。
多忙なクライアント様に代り、弊社が対象企業の所在の確認,資産の調査を行います。
泣き寝入りする前に、一度ご相談下さい。

債権回収調査の流れ

1.ヒアリング
調査に入る前に、案件の背景や現在までの経緯等、案件の詳細をお伺い致します。
その後、案件の調査対象となる人物・企業を特定し、本案件の最終的な目標を設定致します。
また、その目標に沿った調査計画を設計致します。

2.データ調査
対象者の現住所や勤務先、対象企業の所在地等、調査に必要な情報を得る為の調査になります。
基礎情報が判明後、預貯金や不動産等資産・財産の調査を実施いたします。

3.内偵調査
データ調査では把握しきれない詳細な事項を調査致します。
詳細は個人信用調査をご参照下さい。

4.行動調査
対象者の行動を調査する事で、何時、何処で、誰と、何をしたのかを詳細に渡って把握します。
また、可能な限り接触者との会話の聞き取りも実施致します。
詳細は行動調査をご参照下さい。

5.ご報告
調査終了後、入手した情報を報告書形式でご報告致します。
調査にて判明した事実を元に今後の方針を決定致します。
必要がある場合は、弊社提携弁護士と連携を取り、案件解決までサポート致します。

項目債権回収調査料金
内容債権回収に伴う事前調査一式
期間14日営業日
基本料金¥30,000