他には聞けない尾行調査の方法

尾行調査で判明することは多くあります。

本来の目的を達成するために尾行調査を組み合わせることで、目的を達成する事が容易になることがあります。

基本的な組み合わせは2名1班体制で実施します。
車両を1台組み合わせ、張込用に使用したり、本人(対象者)の動きに応じて対処します。
場面や状況に応じて車両を二輪車にする場合もあります。
調査員の組み合わせも状況と場面に応じて、男性と女性を組み合わせ年齢差も服装も状況に合わせます。
本人の自宅から実施する場合などは、近隣への配慮も欠かせません。
車両配備に問題がある場合には、特殊な機材を用いて本人の出入りを監視します。
特に都心の住宅街や地方都市でも車両での張込みが困難なケースは多々あります。
本人が徒歩の場合には車両は途中でパスして徒歩尾行を2名で実施します。
尾行中は本人をお互いに補足しあいながら、無線もしくは他の通信手段で連携を維持します。
特に注意する点は、本人が公共交通機関(電車・バス)などを使用する際の通勤時間帯のラッシュ時です。
車両尾行の際には、必要に応じて2輪車を投入し、連携して補足します。
上記の場合には、本人が車両を降りてからを即座に補足するため調査員を1名増員します。
接触した人物との会話内容や取引内容を確認することも可能です。
尾行調査には熟練したスキルと経験が必要な調査であり、調査会社の能力を図る上での指針となる調査項目でもあります。